AEROFALL “AEROFALL” release on April 2, 2014.

AEROFALL “AEROFALL” release on April 2, 2014.


 

HAMR1006w1


 

HAMR1006_web3HAMR1006picAerofall:エアロフォールはロシアの主要都市の1つであるロストフ・ナ・ドヌを中心に活動するシューゲイズバンド。紅一点のヤーナ・コメシュコ(ボーカル・ギター)を中心にウラジミール・カルポフ(ギター)、ヴァレリー・カルクーテン(ベース)、パベル・アストコフ(ドラム)ウラジミール・ヴォロジン (ミスタータンブリン・マン)からなる5人で構成される。そのサウンドは名門レーベル4ADに所属するSerena Maneesh (セレーナ・マニーシュ)を彷彿させ、サイケデリックでありながらポップと言う不思議な質感を持ち、さらにThe Fall等のポスト・パンクのテイストを加えた事で、数多存在するシューゲイズバンドの中でも異彩の輝きを放つ。
2013年10月にはウクライナのキエフにて行われた『Fight Fest 2013』に参加。アメリカの“A Place To Bury Strangers”やイタリアのコールド・ウェイヴバンド“Soviet Soviet”と共演し最高のパフォーマンスを披露する。その活躍はじわじわと広がり、既に世界中の早耳インディファンから熱い視線を集めているAerofall。そんな彼ら待望の世界デヴューアルバムがついにリリースされる。リードトラックである「I Turned a Blind Eye」「Alien Dance」をはじめ、「Fear For Everyone」「Off The Beam My Dreams」など単にシューゲイズと言うジャンルへのオマージュだけでは無い、新しい世代の音を随所で聴く事が出来るファーストにして最高傑作の一枚である。

Aerofall, the band represents Russian shoegaze, finally debut with cotton-candy-like whispering vocal on the loose and keen beat!
Aerofall, a shoegaze band from Rostov-on-Don in Russia, consists of a female lead singer Yana Komeshko, Vladimir Karpov (guitar), Valery Kalkutin (bass), Pavel Astakhov (Drums) and Vladimir Volodin (Mr. Tamburin Man). Their sound is the blend of psychedelic mood and pop sense, like Serena Maneesh (from 4AD). besides, among shoegaze bands , Aerofall has an outstanding brilliance thanks to the Fall-ish post-punk taste. The band Joined Fight Fest 2013 held in Kiev, Ukraine, with A place to Bury Strangers and an Italian cold-wave band Soviet Soviet. Aerofall, who is already attracted by indie rock listeners, is to release the worldwide debut album that you can’t miss out.
Including the lead tracks like “I Turned a Blind Eye” and “Alien Dance”, the album is not only following shoegaze as a genre, but the leading edge of new generation.

ORDER

TOWER RECORDS ONLINE  |    DISC UNION     |    AMAZON JAPAN  |   HMV ONLINE   |   iTunes    |     芽瑠璃堂


AEROFALL / AEROFALL by HANDS AND MOMENT




Aerofall – Alien Dance

seadweller_p4