Aerofall / Vibragun Japan Tour 2014

Aerofall / Vibragun Japan Tour 2014



AEROFALL / VIBRAGUN JAPAN TOUR 2014

2014年に彗星の如く現れたシューゲイズ・シーンの新星2バンドによる初の来日公演が決定!


11月 10日(月) 代々木Zher the Zoo

ローソンチケット ( Lコード 74814 ) / e+ ( イープラス )

11月 13日(木) 心斎橋CONPASS

ローソンチケット ( Lコード 55506 ) / e+ ( イープラス )

11月 14日(金) 名古屋栄Tight-rope

ローソンチケット ( Lコード40866 ) / e+ ( イープラス )

11月 17日(月) 新代田FEVER

ローソンチケット ( Lコード 74725 ) / e+ ( イープラス )

Support Act Oeil

DJs / manabu(ELECTRIC-FUZZ!!), Motohisa Ono, u.k.

会場:18:30/開演:19:00
前売り:4000円/当日:4500円(税込・ドリンク別)

チケット:9月20日発売

ローソンチケット: 0570-084-005
eプラスhttp://eplus.jp/

主催:HANDS AND MOMENT  協力:diskunion  お問い合わせ:HANDS AND MOMENT

チケットのご予約はこちらから





AEROFALL

HAMR1006picエアロフォールはロシアの主要都市の1つであるロストフ・ナ・ドヌを中心に活動するシューゲイズバンド。紅一点のヤーナ・コメシュコ(ボーカル・ギター)を中心にウラジミール・カルポフ(ギター)、ヴァレリー・カルクーテン(ベース)、パベル・アストコフ(ドラム)ウラジミール・ヴォロジン (ミスタータンブリン・マン)からなる5人で構成される。そのサウンドは名門レーベル4ADに所属するSerena Maneesh (セレーナ・マニーシュ)を彷彿させ、サイケデリックでありながらポップと言う不思議な質感を持ち、さらにThe Fall等のポスト・パンクのテイストを加えた事で、数多存在するシューゲイズバンドの中でも異彩の輝きを放つ。
2013年10月にはウクライナのキエフにて行われた『Fight Fest 2013』に参加。アメリカの“A Place To Bury Strangers”やイタリアのコールド・ウェイヴバンド“Soviet Soviet”と共演し最高のパフォーマンスを披露する。その活躍はじわじわと広がり、既に世界中の早耳インディファンから熱い視線を集めている。

 

 


VIBRAGUN

VIBRAGUNヴィブラガンは2011年に結成された米国ワシントン州シアトルを拠点とするシューゲイズバンド。メンバーはジョエル・バーグストーム(ボーカル、ギター) 、アンバー・ジョイ・スミス(ボーカル、シンセ) の男女ヴォーカルに、 ジョン・ウェスト(ベース)、スティーブン・ラ・ジャーニー(ギター)ガイ・カポービアンコ(ドラム)の5人で構成されている。マイ・ブラッディ・ヴァレンタインやザ・ダンディ・ウォーホルズ、トレイル・オブ・デッド等から影響を受けたと言う彼らの曲は、 ラウドなオルタナティブ・ロックの攻撃性だけでは無く、時にドリーミーそしてポップなアレンジで懐の深さをみせてくれる。 2012年に『Happy To Be Sad EP』を発表し、USオルタナティブミュージックのニューホープとして注目を集める。同年に開催され たSXSWにも参加し、ついに2013年に待望の1stアルバム『Vibragun』をリリース。限定生産のこのアルバムは即完売となり、KEXP でも好評価を得ている。
また、『Happy To Be Sad EP』はアルバム『Hideout』にコルム・オコーサク(マイ・ブラッ ディ・ヴァレンタイン)らがゲスト参加した事でも話題となった“Film School”のジェームス・スミスがドラマーとしてレコーディングに参加し、シアトルのドリームポップ デュオ“Trespassers Williams”のマット・ブラウンをプロデューサーとして迎えたシューゲイズの初期衝動を結晶化させたような作品である。現在USツアー中の彼等は、10月25日にKEXPの出演も予定されており彼等の活躍を是非チェックして欲しい。彼等こそ2014年のUSシューゲイズの大本命と言えるバンドであろう。

 


Oeil

Oeil2014promo2Oeil(ウイユ)は東京を拠点に活動するシューゲイザーバンド。エレクトロニカ・シューゲイザー界を代表するアーティスト、Ulrich Schnaussをはじめ、ESKIMOHUNTER、SCREEN VINYL IMAGE、CEREMONYと言った海外のシューゲイズバンドとの共演をはじめ、2007年には世界初のアジア圏のシューゲイズバンドを集めたコンピレーション「Half Dreaming」に『Strawberry Cream』で参加。2012年にはインドネシアのギターポップ・ネオアコ専門レーベルのコンピレーションに『After The Rain』で参加。
2013年には、上海にて開催された、『イースト・アジア・シューゲイザー・フェスティバル』に日本代表として参加し、My Bloody Valentine台湾公演のオープニングアクトを務めたskip skip ben benやSXSW出演やUS・カナダツアーも行う韓国の実力派Vidulgi OoyoOと言ったアジアトップクラスのシューゲイズバンドと共演しフェスのトリを務めた。
その活動はアンダーグラウンドシーンにおいて独自のファン層を獲得している


 

AEROFALL / VIBRAGUN JAPAN TOUR 2014

11/10 (Mon) Yoyogi Zher the Zoo

11/13 (Thu) Shinsaibashi Conpass

11/14 (Fri) Nagoya Sakae Tight-rope

11/17 (Mon) Shindaita FEVER

Support Act Oeil