Burglary Years / 100 Roses

Burglary Years / 100 Roses



Burglary Years / 100 Roses

[バーグラリー・イヤーズ/ワン・ハンドレット・ローゼス]

ポストDIIVの呼び声も高いインディ・ロック界待望のニューバンドがデビュー!
全世界のインディ・ロックファン必聴!!The Smithsを思わせるキラキラと輝くギターサウンド!
ノスタルジックなフレーズとラウドなドラミングはピッチフォークでBeat New Musicにも選出されたDIIV(ダイヴ)を彷彿させる破壊力を秘めた1stアルバムが到着!


hamr1017-pramo-pic-01Burglary Years(バーグラリー・イヤーズ)はマサチューセッツ州ボストン出身のGreg Cook(vocals)、Cooper Leardi(guitar)、Mike Rocheford(bass)、Patrick Talesfore Jr. (drums)からなる4人編成のインディー・ロック・バンド。 本作『100 Roses』(ワン・ハンドレッド・ローゼス)はエピタフレコードのツアーサウン ドエンジニアとしても活躍していた若手のプロデューサー/エンジニアであるZach Weeksを迎えてレコーディングされ、エッジの効いたインディー・ロック・サウンドに 仕上がっている。彼等のバックボーンの1つであるハードコア・パンクのアグレッシ ブなサウンドメイキングは、一筋縄ではいかないインディーロックを誕生させた。そ して『Burglary Years』というバンド名のとうり、Morrissey(My Early Burglary Years) からの影響はドリーミーなメロディー、ギターが親密な情景を描くように響く。 アルバムは「Votre Voix」の印象的なギターの音で幕を開け、The Smithsを現代の感覚 で解釈した名曲「Hey, Do You Wanna Come Over?」に続く。「Sour」「Lifesaver」はキャ プチャード・トラックスにも通じるフィーリング持ち、「Hatch」は青く、キラキラとし た時を感じさせる名ポップソング。 珠玉の9曲+3曲のデモ曲を収録した、インディー・ロック・ファンにとっての必聴アル バムの一枚!


  BURGLARY YEARS “100 ROSES”

hamr1017-cover-art-01

TRACK LIST
1. Votre Voix
2. Hey, Do You Wanna Come Over?
3. Sour
4. You, Leaving
5. You Have _ You Are
6. Ghostwriter
7. Lifesaver
8. Languish
9. Hatch
10. Ghostwriter (demo)
11. Hey Do You Wanna Come Over? (demo)
12. Sours (demo))

HAMR1017
2016年12月7日発売

ORDER

Amazon

Tower Records

Diskunion

 


02. Hey, Do You Wanna Come Over?