Vibragun's self titled album(Japan Edition) release on April 23, 2014.

Vibragun’s self titled album(Japan Edition) release on April 23, 2014.


HAMR1007head2


HAMR1007_web3HAMR1007picVibragun / ヴィブラガンは2011年に結成された米国ワシントン州シアトルを拠点とするシューゲイズバンド。メンバーはジョエル・バーグストーム(ボーカル、ギター) 、アンバー・ジョイ・スミス(ボーカル、シンセ) の男女ヴォーカルに、 ジョン・ウェスト(ベース)、スティーブン・ラ・ジャーニー(ギター)ガイ・カポービアンコ(ドラム)の5人で構成されている。マイ・ブラッディ・ヴァレンタインやザ・ダンディ・ウォーホルズ、トレイル・オブ・デッド等から影響を受けたと言う彼らの曲は、 ラウドなオルタナティブ・ロックの攻撃性だけでは無く、時にドリーミーそしてポップなアレンジで懐の深さをみせてくれる。 2012年に『Happy To Be Sad EP』を発表し、USオルタナティブミュージックのニューホープとして注目を集める。同年に開催され たSXSWにも参加し、ついに2013年に待望の1stアルバム『Vibragun』をリリース。限定生産のこのアルバムは即完売となり、KEXP でも好評価を得ている。
本作ではこの8曲に加え2012年にリリースされ今回初CD化となる『Happy To Be Sad EP』の3曲を日本編集盤としてボーナストラックに加え、全11曲を収録。リードトラックである「Send Me Dream」「All The Cool Kids」に、紅一点、アンバーのヴォーカルで聴かせるドリーミーな「Dream Disintegrate」と言った王道のシューゲイズソングや後期ジーザス&メリーチェインを彷彿させ る「Dirty Thing」、初期の名曲「Snowblind」等、オルタナ・シューゲイズ好き必聴の楽曲が揃っている。
また、『Happy To Be Sad EP』はアルバム『Hideout』にコルム・オコーサク(マイ・ブラッ ディ・ヴァレンタイン)らがゲスト参加した事でも話題となった“Film School”のジェームス・スミスがドラマーとしてレコーディングに参加し、シアトルのドリームポップ デュオ“Trespassers Williams”のマット・ブラウンをプロデューサーとして迎えたシューゲイズの初期衝動を結晶化させたような作品である。春にUSツアー、秋にはEUROツアーも予定されており、2014年のUSシューゲイズの大本命と言えるバンドであろう。

Vibragun, the most remarkable shoegaze band from Seattle, releases 1st album including Happy To be Sad EP!

Vibragun, formed in 2011, is a shoegaze band from Seattle. Their sound influenced by MBV, The Dandy Warhols, and Trail of Dead, shows not only the vigorousness of alternative rock, but dream-pop like atmosphere. After released Happy to be Sad EP in 2012, they are expected as a newcomer of US alttenative rock. They performed at SXSW at the same year, and finally released 1st full album, Vibragun, whose limited edition was sold out immediately and gained positive review from KEXP.

The album has 11 songs, original 8 songs and bonus tracks for the Japanese Edition, that is 3 songs from Happy To Be Sad EP, which was not physically released so far. The album contains shoegazing lead tracks “Send Me Dream” and “All The Cool Kids”, “Dirty Thing” which reminds you of a late Jesus and Mary Chain song, and also “snowblind”, a great tune at the band’s earlier period.All of the songs pack the shoegaze intention and must be checked by alternative rock and shogazing rock fans. Also, Happy to be Sad EP is recorded with James Smith, who is the drummer from Film School and worked with Colm Ó Cíosóig(My Bloody Valentine) in their album Hideout. The EP was produced by Matt Brown from Trespasseres Williams, Dream pop duo from Seattle. The band is to do Europe tour in fall. Vibragun must be the most notable US Shoegaze band in 2014.

 / ORDER

TOWER RECORDS ONLINE    |    DISC UNION   |    AMAZON JAPAN  |    HMV ONLINE    |  iTunes  |   芽瑠璃堂





Vibragun – Willing Sacrifice

seadweller_p4