The Underground Youth LIVE in TOKYO 2019

By Hands and Moment Staff

The Underground Youth LIVE in TOKYO 2019

ヴェルヴェッツの意思を受け継ぐ漆黒のサイケデリックロックバンド、The Underground Youthの来日が決定!

盛り上がりを見せる近年のサイケデリックロック・シーンにおいて、Tame ImpalaやMelody's Echo Chamber、TOY、ULRIKA SPACEK等はまた違ったベクトルでシーンを沸かせる英マンチェスターのダーク・サイケデリックロックバンドThe Underground Youth (ジ・アンダー・グラウンドユース)。
The Velvet UndergroundやBob Dylan、Brian Jonstone Massarce等からの影響を強く感じる正統派なサウンドと、洗練されたダーク・ゴシックなアートワークが魅せる総合芸術は必見!
待望の初来日を記念して最新シングルを含むボーナストラック3曲を追加した「What Kind Of Dystopian Hellhole Is This? 」来日記念盤がタワーレコード限定でリリースされる。(ライナーノーツNatsuki Kato (Luby Sparks)、初回入荷のみ缶バッジの特典付き)
ツアーはアジアからスタートし、3月末には待望の新作がリリースされる。
東京公演は3月19日青山 月見ル君想フにて開催。
The Underground Youthの他、ゲストとしてGroup2No BusespollyLuby Sparksと言った、新進気鋭の次世代シューゲイズ、サイケ、インディロックバンドが集結。
DJ陣はシューゲイズ、ポストパンク、ニューウェイブを主軸としたDJイベント「Undercover Suicide」がサポート。3月初旬に開催される「What Kind Of Dystopian Hellhole Is This? 」リリースパーティの主催も務める。

また、イベント当日から海外インディ・ミュージックに焦点を当てたZine「PORTAL」のIssue #1を配布。インディ・ファン必見のイベントをお見逃し無く!

2019.3.19 (TUE) 青山・月見ル君想フ (Moon Romantic)

OPEN 18:00
START 18:30

TICKET INFORMATION


■ チケット一般発売:2019年2月6日〜

ADV   4000円(+1drink charge)
DOOR  4500円(+1drink charge)
学割  2000円(+1drink charge)レーベル販売only

 LAWSON TICKET ( Lコード 71017  )
 Garnet Records Online Store

※学割チケット 2000円はGarnet Records Online Storeでの販売のみとなります。入場時に学生証の提示必須となりますのでご注意下さい。

LIVE

The Underground Youth

The Underground Youth(ジ・アンダーグラウンド・ユース)はCraig Dyer(クレイグ・ダイヤー)のソロプロジェクト。 DIYの精神を強く信じているDyerは、実験精神と文学、映画、詩からのインスピレーションを大切にし、これまでにリリースされた作品は全て曲作りからレコーディングまでセルフプロデュースで行っている。
サイケデリック、シューゲイズ、ブルース、ポストパンクをTUY流に再構築した音楽は世界中で支持されており、2012年にThe Telescopes、A Place To Bury Strangersを擁するFuzz Clubにとサインした後フルバンド編成となる。以降ヨーロッパ全土でソールドアウトとなるショーを続け、Levitation france、Cosmosis、Liverpool Psych Fest、Eindhoven Psych Lab等ヨーロッパのビッグ・サイケデリックフェスにも参加。バンドは現在ドイツのベルリンを拠点に活動している。
来日を記念してタワーレコード限定で「What Kind Of Dystopian Hellhole Is This? 」日本編集盤を3月6日にリリース。


Luby Sparks

Natsuki (ba|vo) | Erika (vo) | Sunao (gt) | Tamio (gt) | Shin (dr)。 2016年3月結成。2017年7月には、UK|Derbyshireでのフェス「Indietracks Festival 2017」に日本のバンドとして唯一出演。2018年1月24日、Max Bloom (Yuck | ex.Cajun Dance Party)と全編ロンドンで制作したデビューアルバム「Luby Sparks」を発売。2018年11月07日、4曲入りの新作「(I’m) Lost in Sadness」をリリースしている。2019年1月17日に韓国のバンドSay Sue Meを招き、初の自主企画ライブ「Thursday I don't care about you」を渋谷WWWにて開催した。これまでにThe Vaccines(UK)、Yuck(UK)、The Pains of Being Pure at Heart(US)など、海外アーティストの来日公演のフロント・アクトも数多く務めている。


polly

2012年、宇都宮でバンド結成。 4人組ロックバンド。 鬱屈な気分で閉塞感を漂わせたバンドが鳴らす音は不快であるはずなのに、なぜだか心地がよい。 ポップさとは無縁かと思いきや、そんな鬱屈としたバンドが吐き出す音こそ、優しくもあり、ポップだったりもする。 シューゲイズ、ドリームポップ、サイケ、ベッドルーム、ゴシック等から影響を受けたサウンドを奏でながら。 2018年5月9日、初のフルアルバム「Clean Clean Clean」をDAIZAWA RECORDSからリリース。


Group2

東京を拠点に活動する靴見るシティサイケバンド”、Group2。 2014年結成~活動開始。2015年7月インディーバンドの登竜門となっているMiles Apart RecordsからのカセットEPをリリースし即完売、2016年末に初流通作品EP『Like A』をリリースし、DJパーティ「New Action!」と合同イベント「Coming Age」では新宿MARZ,Marble,Motion3会場往来型のリリースパーティを開催。バンド勢から、ヒップホップ、クラブシーンで活躍するアクトを集めて開催された。 以降、「SYNCHRONICITY’17」に出演、2017年7月に配信限定シングル『MILK』をリリース、8月にMaika Loubté,TAWINGS,シングル収録曲にリミキサーとして参加したVaVa(CreativeDragStore)等を招いてリリースパーティーを開催。 2018年3月には東阪で活動するインディーバンド5バンドによる共同企画、”ZONE”をclubasia,LOUNGE NEOで開催するなど、独自の活動スタイルで着実にシーンを横断している。


No Buses

2016年結成。平均年齢21歳。 その名の通りArctic Monkeys を中心にUKロックから多大な影響を受けた4人組インディーロックバンド。 幾度かのメンバーチェンジを経て現体制となり、2018年4月に1stSingle『Tic』を発表。そのMVは日本にとどまらず世界中で高い評価を受けた。 夏にはComputer MagicのOAを勤め、SUMMER SONIC2018出演。 国境を超えての活動が期待される今最注目のバンド。

DJs
Undercover Suicide

「Undercover Suicide」はシューゲイズ、ポストパンク、ニューウェイブを主軸としたDJイベント。リアルタイムで海外のインディ・シーンとシンクロする活動を展開し、早耳インディファンが集う場所となっている。
また3月初旬には「Undercover Suicide」主催にて「What Kind Of Dystopian Hellhole Is This? 」来日記念盤のリリースパーティが開催される。